看護師の彼女と大学構内で隠れてエッチ

閲覧数:367 ビュー 文字数:1775 いいね数:0 0件

こちらは当サイト女学生とのエロ体験談投稿フォームより、ハワイアンブルー白熊(56歳・男性)さんから投稿頂いた体験談です。

自分の大学生時代、当時の大学構内でやってしまったエッチな体験をお話します。

相手は、同い年で、看護師としてすでに働いていた女性とつきあっていました。

お互いの関係は、中学校からの幼なじみといった関係でした。

実際に男女の関係になったのは、自分が大学3~4年生になってからのことでした。

宮崎の大学に通っていましたので、大学構内の出入りには、当然精通していましたし、長期休暇中であれば、あまり見かけない人であっても、年齢層が極端に違わなければ、怪しまれることもなく、大学構内に連れ込んでも、そう問題になることもありませんでした。

ある夏の日のこと。

「大学でどんな研究をしているのか、見てみたい!」

「わたしの研究もしてみて?」

という彼女を連れて、大学構内に忍び込みました。

通常授業が行われている時期では、難しいですが、夏休みのあまり学校に来ている人が少ない時期なら、大丈夫だろうということで、難なく入り込むことができました。

自分の研究は、主にパソコン室で行っていたので、彼女をパソコン室に連れ込みました。

それなりに大きいパソコン室に20台ばかりのパソコンが設置されていました。

そこで、いつもよく使っているパソコン1台を立ち上げ、パソコン画面を見せながら、研究内容を簡単に説明しました。

コンピュータプログラムを書く言語の話など、小難しい話を一通りしたころには、彼女の目がトロンと眠そうになっていました。

そこで、私は眠気覚ましに、ほっぺに軽くキスをしました。

そのキスがスタートの合図かのように、二人っきりのパソコン室で、イチャイチャが始まりました。

ふたりっきりで、乳繰り合っていると、興奮した彼女が、パソコンデスクの下のほうにもぐっていきました。

そして、僕のチャックを下ろすと、男根がこんにちわしてきました。

「こっちの方も、準備オッケーね。」

彼女の赤くて長い舌先がチロチロと亀頭を刺激し、玉袋からサオの部分を白魚のような手で、やさしくしごきあげてくれました。

大学という学びの場であり、日常的によく使っている場で、とんでもなく非日常的なフェラ攻撃を受けていることに、とんでもなく興奮したことを今でもリアルに思い出します。

一方的にフェラされていると、あまりの気持ち良さにイッてしまいそうだったので、こちらのほうも、サービスを開始しました。

長めのスカートをたくし上げると、スケベなパンティが目に入りました。

パンティー越しに、やさしく秘部を愛撫し始めました。

「あぁ、部屋が変わると燃える~」

と、気持ち良くなると、彼女アへ声が出始めました。

さすがに、パソコン室の外部に、もれるとばれてしまうので、猿轡のように、ホワイトボード用のマーカーを咥えさせました。

彼女もおもしろがって、咥えたまま、声を我慢していました。

パソコン室の椅子は、小さなタイヤ(キャスター?)がついているコロコロ型でした。

高さも調整できるタイプだったので、彼女を後背位で椅子の上にしゃがませ、ポコチンと秘所の高さを調整して、ドッキングしました。

前後のピストン運動は、椅子のコロコロをゆっくり動かしながら、彼女を椅子ごと動かしていました。

僕の男根(コンドームのヌメヌメとしてピンク色)をくわえこんでいるオマンコのようすが、とてもはっきりと見えました。

彼女の膣のヒダヒダが、私の男根にまとわりついて、伸びたり縮んだりする様子が、とても生物的でエロチックな感じで、エクスタシーが倍増しました。

「動きがイヤラし過ぎる~」

「あぁ~、変な感じがする~」

「いつもより、興奮する~」

「いつもより、奥の方に届いている感じがする~」

といった感じでした。

大きな声を我慢しつつ、咥えたマーカー越しのアへ声も、とても新鮮でした。

彼女のボルテージも絶頂を迎えて、自分もいつもの三倍ぐらいの精液を、彼女の中に爆発させたようなセックスでした。

今でも、あのキャスター付き椅子のプレイを思い出すと、股間が元気になってしまいます。

女学生とのエロ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな女学生とのエロ体験談を募集しています。
投稿する