音楽の先生の唇がエロすぎて…

閲覧数:55 ビュー 文字数:2528 いいね数:0 0件

文才ないんでザッと書きます。

正確には食うつもりが食われたって感じなんですが、中三の時の音楽のH先生で顔は東南アジア系ではっきり言ってブサイクでした。

が、その頃から付き合うならかわいい子がよくてセクースするなら少々ブサの方が燃えるタイプでした。w

あとその頃から人妻好きだったんで。w

まぁ余談はこれぐらいにして本題ですが、H先生は上にも書いた通りブサイクなので俺のクラスの男子からは嫌われており、授業をまともに聞く香具師はほとんどいませんでした。

注意されるとすぐ反抗して言い返したりしてて、その主犯格が俺でした。

俺が反抗してたのもH先生に口では逆らいながらも当然好意があったからです。

ツレとかにもH先生の文句とか言いながらでも陰では想像してオナニーしてました。w

毎回えらそうに反抗してたある日よほど怒らせてしまったのか

「昼休みに音楽室へ来い」

って言われました。

最初は

「何で行かなあかんねん」

と言い返してたのですが、期末テスト受けささんとか言われ、受験の年だったんで それはマズイと思いながらも

「勝手にしろや」

と言って教室に帰ったんですが、昼休みクラスの香具師らに分からないようにコソーリ行きました。

そしたらH先生は待ってたみたいで、

「口ではえらそうに言ってた割にはちゃんと来たやん」

って言われ、

「うるさいわボケ」

って俺も少し笑いながら言い返しました。

そしたら

「授業のことで話があるからこっちへ来てくれ」

と音楽室の中にある準備室みたいなとこへ通されました。

そこにはH先生の机とかあって横に椅子をならべられて向き合って本題に移りました。

なんで授業を真面目に受けないのかとか口の聞き方とかクドクド説教されました。

俺はウザいなと思いながらもH先生の口ばかり見てました。

浅黒い肌に結構厚化粧で口紅はいつも紫っぽいピンクでした。

実はその頃から口フェチで入れるよりフェラの方が好きだったんで。w

その唇を見てるとだんだんと悶々としてきてすでにティンコはビンビンでした。

で、俺が妄想しながらボーッと聞いてると、

「ちゃんと先生の話聞いてるの?」

って言われ、

「あ、あぁ聞いてるよ」

と答えると、

「じゃあなんで真面目に授業受けられへんの?」

って言われて、しばらく無言になって俺はとっさに、

「H先生の唇が気になって」

とつい言ってしまってH先生は一瞬きょとんとしてました。

俺も一瞬ハッとしたんですが、H先生が

「何わけわからん事いってんのよ」

って恥ずかしそうに言ってきたので

「だ、だから先生のその紫っぽいピンクの唇がいつも気になってて」

と言うとH先生は真っ赤になって、てんぱってました。

俺はてんぱってるH先生を見てたまらなくなり思いっきり抱きつきキスしてやりました。

さすがに

「何するの」

って抵抗されましたが俺はおかまいなく再びキスして強引に舌を入れ唇を舐め回しました。

今度は強く抵抗してきて、

「ちょっとT君どうしたの?いきなりこんなことして、何考えてるの? 」

俺:「先生が挑発してんねやろ。俺はずっとその唇が気になってたんや。もうこんなになってんねんぞ。」

と先生の手を取りティンコに手をやった。

先生:「ちょ、ちょっと何するの。」

と言いながらも俺のティンコをズボン越しに触って再び赤くなった。

俺:「先生もいい歳やねんからそんな赤くなることもないやろ。ちゃんと触ってーや。俺もこう見えて初めてじゃないし。」

先生は恥ずかしながらもやさしく握ってくれたので、イケると思った俺はまた先生の唇に吸い付いた。

先生:「んん。」

と言いながら今度は先生も舌を絡めてきてくれた。

俺は夢中に先生の唇を吸い付きながら右手で胸を揉んでやったら、

先生:「あん。」

と声を出したのでシャツをまくり上げブラを上にずらし乳首を摘んでやるとさっきより大きい声で感じながら、ズボン越しに俺のティンコを上下にさすってくれた。

俺:「先生、俺我慢できんようになってきたわ。」

ってズボンを下ろしビンビンになったティンコを突き出すと、

先生:「ほんとだね。でもさすがに入れるのはダメよ。ここまでにして。」

俺:「えー、こんなん生殺しやん。えーやん。」

先生:「じゃあ口でしてあげる。ただし条件があるの。」

俺:「条件?なんや?」

先生:「先生の授業を真面目に受ける事。それとこの事は二人だけの秘密にすること。先生こんなことがバレると学校クビになるし。」

俺:「わかった。わかったから早くしてーや。」

先生:「じゃあ約束ね。絶対だからね。」

と念を押し俺の足元に膝まずきそっとティンコをくわえてくれた。

先生はやさしく舌先で舐め回しながら一気にくわえこんでくれた。

H先生のいやらしい紫っぽいピンクの唇で、じゅぼじゅぼ音をたてながら、俺のティンコをくわえてる姿を見てたら逝きそうになってきたので先生の頭をガッと掴んで、上下に動かして口の中で思いっきりブチまけてやった。

先生:「ん、ん。」

と言いながら全部飲んでくれて

先生:「いっぱいでたね。ちゃんと約束守ってよね。」

俺:「え?あ、うん。わかったわかった。」

と適当に返事してズボン履いて教室に帰った。

それからの俺はちょっと真面目に授業を受けながらもクラスの香具師らに気付かれないように時々コソーリ音楽室に通って抜いて貰ってた。

ってザッと書くつもりが長文になってしまった。

しかも誰も見てねーし。w

女学生とのエロ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな女学生とのエロ体験談を募集しています。
投稿する