先生と女先輩がセックスしているところを覗き見

閲覧数:247 ビュー 文字数:1716 いいね数:0 0件

こちらは当サイト女学生とのエロ体験談投稿フォームより、RYO(45歳・女性)さんから投稿頂いた体験談です。

これは私の実体験ですが、高校の時なので数十年前になります。

かなり月日がたっているのに忘れないくらい印象深いHな目撃談です。

高校2年の春、別の高校から講師としてやってきた男性の先生がいました。

この先生は当時24歳で、私たちよりはかなり年上でしたが一般的には若く見た目もけっこうなイケメンでした。

生徒の中でも先生をかっこいいという人が何人かいて、なかなかの人気でした。

先生はいつも昼休みに校舎の1階にある他に誰もいない視聴覚室で新聞を見ているのをよく目にしたのですが、ある日いつものように先生に会いたくて視聴覚室に行ったら先生の姿がないように見えたのですが、何列か並べてある一番奥の縦長のテーブルの中央あたりに人の頭のようなものが一瞬見えました。

はじめは見間違いかと思ったのですが、じっくり目を凝らしてみるとその頭らしきものが見えたり隠れたりしていました。

どうしても気になったのでその奥のテーブルがよく見える後ろ側の扉の方に移動し、音をたてないように少し引き戸を開けてみると何と先生が3年の先輩(おそらく)とHの真っ最中だったのです!

かなり衝撃的で一瞬で引きそうになりましたが、Hの最中の2人は興奮しているからかコッソリ引き戸を開けて見られていることに気がつきませんでした。

私ともう一人友人がいたのですが、どちらもあまりの動揺に声も出ずしばらくそれをドキドキしながら見ていました。

バレないうちに2人のHが終わる前に引き戸を閉めて教室に戻ったのですが、友人と

「凄かったね、明日もいるかな?」

という話に。

その夜はあまりの衝撃でその後も一日中目撃Hのことが忘れられず、同時にかっこいい先生に対しての見方もかなり変わってしまいました。

翌日も友人と見に行ってみようという話になり、少し怖い気持ちもありながら視聴覚室に行ってみることに。

すると、その日は前日とは少し別の位置でしたがやっぱりいました。

今度は少し声にも耳を澄ませてみたのですが、これがまたかなりHで。

先生が

「お~、凄い」

「今度は口で」

「次はバックで」

みたいに、次から次へと先輩に注文しているような感じでした。

先輩はひたすら周囲に声が聞こえないように声を殺しているような感じで喘いでいて、2人の声を聞いているだけで興奮してきてしまうような感じでした。

それからは昼休みは毎日のように視聴覚室に向かい、こっそり先生と先輩のHを見ることにはまっていました。

ですが、途中でびっくりさせられたのは先輩は一人だけではなく日によって変わっていたことです。

先生は一人だけですが、Hの相手は3人くらいいたように思います。

(多分ですが)

しかも先生は本当に毎日いて、そのあまり使われることのない薄暗い視聴覚室はまるで先生と生徒がこっそりHをするための部屋のようにも思えてしまいました。

さらに、私たちが毎日のように視聴覚室に向かうので他の生徒も不思議に思ったらしく、視聴覚室にこっそりついて来て先生と先輩のHが他の子にも知られてしまう始末でした。

毎日Hは10分くらいで終わったので、次の授業に遅れることもなく毎日楽しんでいました(笑)。

しかし、かっこいい先生は半年で高校から出て行ってしまいました。

何の前ぶれもなくいきなり

「〇〇先生は先月いっぱいでした」

と言われたので、これには本当に驚きました。

おそらく先生と先輩のHのことを誰かが告げ口したのだと思います。

目の前でハッキリHを見ていたわけではないですが、人がHしているところを見たのは初めてだったので、この出来事は未だに忘れられずにいます。

特に先生の身体の動かし方やHすぎる声が忘れられず、正直言って男性の起ったものを見たのも初めてでした。

遠くからこっそり見ただけなのでハッキリ見てはないですが、

「これが男性か」

と思わされた瞬間でした。

女学生とのエロ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな女学生とのエロ体験談を募集しています。
投稿する